バリアフリーの住宅

住宅を考える際には、
自分の現在の家族構成や生活パターンを考えて、
最適な間取り等を考えがちです。

しかし、家族構成は子供が独立すれば変化しますし、
自分が高齢で歩行が困難になった事を考えれば、
その時に最適な構造や間取りは異なって来るものです。

終の棲家とするには、
こうした配慮は是非すべきポイントでしょう。

こうした配慮は建売住宅では無理な事で、
まさに注文住宅ならではのメリットです。

設計士さんにこうしたポイントを指導いただき、
廊下の幅を広く設定し、
トイレも引き戸にする等の対応もしました。

バリアフリーには力を入れて手摺なども要所に配置
段差のない家にする等配慮してもらいました。

またリビングダイニングはダイニングスペースを
あえて狭くしてリビングを広く取り、
2階への上り下りが大変な高齢になった際には、
1階のリビングを寝室に変更できるように配慮もしました。

プロの設計士に相談すると、想像以上のアイデアが出るものです。
さすが経験と知識がありますね。

素人ではここまで中々思い至らないですよね。

ハウスメーカーの展示場もいくつか回りましたが
バリアフリーに力を入れている会社に絞り込みました。

トイレの手摺や外構のスロープなどは
多くのハウスメーカーで対応してありました。




カテゴリー: インテリア,ハウスメーカー 口コミ,バリアフリー | Tags: , ,

住宅ローン

将来的に住宅の購入を考えているのですが、この間とあるハウスメーカーの営業マンさんに意外なお話を聞きました。

ローンは一括払いに比べると支払総額が上がるのが一般的だと思うのですが、なんとローンを組んだ方がお得な場合があるそうなのです。

やり方によっては節税対策になったり、銀行のプランによっては金利が優遇されるので一括で払ってしまうよりもお得になることがあるのだそうです。

まあそうは言ってもなかなか一括払いができる方は少なそうですが、目からウロコなお話にびっくりしました。

ハウスメーカーの上へ

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。ハウスメーカー数社の立ち上げにかかわる。無料間取り作成サイトの運営をする。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村